クリアネオの効果的な使い方とは?もう手放せない

汗

 

 

汗をかく時期になってくると手放せないのがクリアネオです。
殺菌効果があるものは汗の臭いを抑えてくれますし、制汗効果のあるものは汗そのものを出にくくする働きがあります。

 

暑い中だらだらと汗をかいてしまって。少し臭いが気になるという時にクリアネオを使っても、あまり効果はありません。
制汗剤に香料が含まれている場合には、体臭と香料が入り混じったどうにも耐え難い臭いを周りに撒き散らすことになります。

 

外出先で汗をかいてしまったら、まずは汗をシートタイプの制汗剤などで拭き取って雑菌を減らすのが大切です。
しっかりと汗が引いた後にスプレータイプやロールオンタイプの制汗剤を付けるようにしましょう。

 

制汗剤は汗をかいた後に付けるのではなく、汗をかく前に予防として付けることで効果を発揮してくれます。
そのため、雑菌などのいないお風呂上りの清潔な肌に使うのが一番効果があるのです。

 

時間があれば朝軽くシャワーなどを浴びた後、制汗剤を付けて出社や外出すると、汗をしっかりと抑えてくれて、臭いも軽減します
朝シャワーの時間がない場合には、シートタイプの制汗剤で拭いた後に、スプレーやロールオンタイプの制汗剤を使用するのが良いでしょう。

 

また、手元にシートタイプの制汗剤がない場合には、お湯で濡らしたタオルで体を拭き取るのも効果的です。

 

最近は制汗剤の種類も豊富になってきて、スプレーやシート、ジェルやクリーム、スティクタイプなど、様々なものがあります。

 

汗や臭いがそれほど気にならない方は、シートタイプでこまめに拭く程度でも体臭予防になります。
また、外出先ではクリアネオが使いやすいので、持ち歩くと便利です。

 

汗の量が多いとか汗の臭いがとても気になるという方は、直接肌に塗りこめるタイプのジェルやクリーム、ロールオンタイプのものを使用するのが良いでしょう。
汗をかいたらやはりこまめに拭き取るようにして、合間でスプレータイプの制汗剤を併用するのが良いでしょう。

 

わきがの原因とその対処法

 

わきがの大きな原因は、アポクリン腺からでる汗です。そのアポクリン腺から出る汗を、そのままにしておくことにより、たんぱく質などが菌に分解されて、あの独特な鼻を突くようなにおいに変化するのです。

 

そのため、簡単な対処法としては汗をかいたらこまめにふき取ることです。汗自体は無臭なので、そのまま放置せずこまめに拭くことにより、臭いは軽減されます。

 

また、わきがの原因には食生活も大きく関係しています。お肉や脂っこいもの動物性たんぱく質を多く含むもの(例えばチーズ・牛乳・バターなど)を多く取りすぎると、アポクリン腺が刺激され、分泌される汗の量が大幅に増えてきます。そのため食生活を見直すというのはとても重要だといえます。

 

ここ最近、食事も欧米化が進み、ハンバーガ・ステーキなどアポクリン腺を刺激する食事をする方も多いのではないでしょうか。そういう方は、もう一度食生活を見直すことも大切です。お肉だけではなく、野菜などもバランスよく取ることが、わきが対策になってきます。

 

そして最後にもうひとつ原因をあげると、それはストレスです。わきがを気にするあまりそれがストレスになっている方が多いと思います。しかし、気にしすぎることもよくありません。「私ってもしかして臭い?」「汗染み大丈夫かな?」など気にしすぎることにより、逆にアポクリン腺を刺激して、汗の分泌を促してしまいます。「気にするな」というのは難しいかもしれません。しかし、汗をこまめに拭く、食食生活を見直すなどの対処により、汗は軽減されるはずです。

 

今は、市販の制汗剤も様々なものが出ています。先程あげた、汗をこまめに拭く、食生活を見直すなどの対処法と組み合わせることにより、制汗剤の効果もより発揮することができると思います。ちなみに、私がお勧めする制汗剤は、クリームタイプのクリアネオです。スプレータイプに比べ、肌に密着するので、より効果を持続します。是非試してみてください。