便秘を解消するために食事面、運動面のアプローチが必要

便秘は男女問わず深刻な問題です。便秘が続いてしまうと、肌荒れの原因にもなりますし、お腹がぽっこりと出てしまって、好きな服を着ることができなくなります。便秘の原因ははっきりとはわかっていませんが、食生活の乱れや運動不足など、総合的な要因によって起こる症状だと考えられています。便秘については、様々な解消方法がメディアなどで取り上げられています。そこで、便秘解消に効果のある方法について、3点にまとめてみたいと思います。

 

食生活に乳酸菌を取り入れること

 

まず、食生活の改善です。便秘は、腸の活動が低下することによって便をうまく作れないようになったり、腸のぜん動運動がうまく行われないことによって起こると考えられています。そこで、食事面での工夫としては、腸の活動を活性化させる食事を取ることを心がけることが大切です。たとえば、典型的にはヨーグルトなどの乳酸菌の豊富な食品を積極的に取ることによって、腸の活動を活発にさせることができます。また、キムチや納豆などの発酵食品も、乳酸菌が多く含まれていますので、腸にとってはいい効果を発揮するでしょう。一例を挙げると、納豆とキムチを混ぜて豆腐にかければ、味もおいしく、便秘にも効果が期待できる一品になります。

 

運動によって腸を刺激すること

 

次に、運動面での工夫です。便秘の原因は腸の活動低下であることから、腸を活性化させる運動をすることで、便秘の解消にいい影響が出てきます。具体的には、ランニング、ウォーキングなどの有酸素運動を行うことによって、内臓全体への刺激を与えることができます。また、ストレッチ、ヨガなどで体幹を動かすことによって、物理的に内臓、特に大腸、小腸への刺激を与えることができますので、便秘解消への効果はかなり期待できるでしょう。

 

水分を取ることの重要性

 

最後に、水分をしっかりと取ることです。便秘の原因の一つとして、脱水症状が挙げられます。脱水症状に陥っていると、便を作るために必要な水分が確保できず、固い便が作られてしまって、便秘の症状が悪化してしまう恐れがあります。そこで、なるべく多く水分を取ることが重要です。しかも、水分は冷たい水を飲むのではなく、なるべくお湯で摂取するようにしましょう。お湯を摂取することで、無駄なカロリーを摂らずに、内臓全体を温めることができます。

 

このように、便秘を解消するためには、食事面、運動面、両方からのアプローチが必要になってきます。便秘を解消することによって、肌荒れも解消しますし、精神的にも晴れやかな気持ちになります。便秘でお悩みの方は、ぜひこれらの工夫に取り組んでいただき、一日でも早く快適な生活を手に入れていただければと思います。