男性の方が女性より臭いがキツくなりやすい

男クサイという言葉があるように、男性と女性を比べると男性の方が体臭がキツいというイメージがありませんか?しかし、実際のところ男女間で体臭のキツさに違いはあるのでしょうか。

 

結論として、男性と女性では男性の方が臭いがキツくなりやすいというのは、本当のようです。
それは、男性ホルモンの作用として、男性の方が女性よりも皮脂の量が多い事も関係しています。
皮脂は酸化すると過酸化脂質やアルデヒドといった体臭の原因を生み出してしまうのです。

 

更に、汗も臭いがキツくなる大きな原因ですが、男性は汗を分泌するエクリン腺やアポクリン腺が活発のため、皮脂と同様に汗の量も女性より多いのです。

 

そのためホルモンや汗腺機能の影響で皮脂や汗の分泌が多い男性の方が、女性よりも臭いがキツくなる要因があるという事になります。

 

また、男性の汗にはアンドロステノンが多く含まれているのですが、これが女性にとっては不快な臭いと感じられる事がある様です。
ただし、アンドロステノンは女性を惹きつける匂いでもあります。

 

アンドロステノン自体が体臭の原因となるというよりも、アンドロステノンが皮汗と混じる事で不快な臭いを発生させているんですね。
またアンドロステノンには、過酸化脂質やアルデヒドの臭いを増長させる効果もあり、それが男性の体臭をより強烈なものにしているのです。

 

このように、男性は女性よりも体臭がキツくなってしまう不利な条件が色々と揃っています。

 

しかし、女性であっても男性ホルモンが多いケースもありますし、アポクリン腺の機能が活発な事があります。
男性の方が体臭がキックオフなりやすいのは本当ですが、体臭は性別だけではなく個人的な体質の差も大いに影響する事を忘れてはいけません。

 

男性は女性よりも体臭に気をつける必要がありますが、女性も体臭がないという訳ではありませんから、気になるならしっかりとケアをしていきましょう。
特に汗や皮脂に気をつけるだけでも、意外と体臭は軽減されるものです。"