エクリン線とアポクリン線がわきがに関係あり!

人間の汗腺には、エクリン腺とアポクリン線という2種類があるのですが、このうち、エクリン腺からの汗の主要成分は水で、サラッとした感じの汗ですが、アポクリン腺からの汗はざらつきのある汗になります。このアポクリン腺からの汗が時間の経過とともに周囲の雑菌と混ざり合うことにより、わきがと呼ばれる独特のにおいが発生します。 

 

日本人を始めとした東洋人には、アポクリン腺がそもそもない人が多く、結果としてアポクリン腺を持つ少数者の存在が目立ってしまい、嫌われる傾向にあるようです。また、近年は特に、日本の清潔志向や極端に臭いに敏感になってきているということも背景にあるように思われます。

 

わきがの臭いは、先ほど説明したように、汗が雑菌と交わることにより、臭いが強くなっていきますので、まずは、汗をかいたら、こまめにこれを拭き取ることが大切と言えるでしょう。

 

また、事前の対策としては、制汗スプレーを使ったり、また、柿渋石鹸を利用したり、古くからの方法としては、みょうばんなどを使って雑菌の増殖を抑える方法も有効とされています。

 

これらの対策で効果が薄い場合、つまり重度のわきがの場合には、外科手術により、アポクリン腺そのものを取り除くという方法もあります。アポクリン腺は、体のどこにでもあるというわけではなく、わきの下をはじめとした一定の箇所にしか存在しません。

 

そこで、最も多くのアポクリン腺が存在するわきを切開して、これを根こそぎ取り除いてしまうことで、原因が除去されますので、においも必然的になくなるという効果が発生します。

 

ただ、手術となると、かなり大がかりで費用もかかりますので、それほど重い症状でない場合、日ごろの手入れをこまやかにし、また、ストレスを溜めない生活を心がけることが大事なように思われます。
この点、体の問題というよりも心の問題というか気にしすぎるあまり、意識がにおいにばかりいってしまい、日ごろの仕事や勉強がおろそかになってしまっては本末転倒ですので、メンタル対策が大切とも言えそうです。