手汗を簡単にピタっと止める3つの方法

手汗の悩みが強いと恋人と手を繋ぐ事もままならなかったり、本をめくる時ページが水気を帯びてしまいます。
そんな手汗を簡単にピタっと止める3つの方法を紹介します。

 

 

一つ目は必要以上に水分補給をしないことです。

 

飲んだ水分が手汗となって現れるので、より手汗をかきたくない場面が来たら飲み物を飲むことは極力避けます。
ですが水分を取ることを拒み続けてしまうと脱水症状になりかねないので気をつけましょう。

 

二つ目はツボを押すことです。

 

人には手汗に効くツボが存在するので、的確な場所を見極め日常的に押す事が可能です。
「労宮」のツボは手のひらの真ん中にあるので場所がわかりやすく、効果としてリラックス作用があります。
交感神経の発達を和らげてくれるので伴って手汗を止める事ができます。

 

お守りとしてツボがあることを理解しておくと、いざという時でも安心した気持ちになれます。

 

三つ目は規則正しい生活と食事を摂る事です。

 

毎晩遅くまで起きていたり、かといって朝目覚めるのが遅いなど生活リズムが狂ってしまうと手汗の量にも影響が出やすいです。
なので寝る時間を毎回決めるなど夜更かししすぎないように工夫を行いましょう。

 

またジャンクフードのように身体に悪いものばかりを食べ続けても神経が過剰に興奮してしまうので野菜中心の食事を摂る事を心がけます。
生活リズムと食事内容は気をつければ今日からでも正す事が出来ます。
四つ目は手汗をかく事は恥ずかしい事じゃないと再認識する事です。

 

手汗をかく事は悪いことという認識が自身の中で強まるとプレッシャーを感じてしまい悪化する場合があります。
人間だから仕方ない、というように手汗の悩みを認めてあげることで良くなる為の一歩として初めて歩めます。

 

人と関わる際に前もって手汗の悩みをカミングアウトする事で、心身的に楽になる事ができます。
お金をかける必要もなく気をつけたり毎日の生活リズムを改善させる事で手汗の悩みは劇的に良くなります。